バッグや財布の制作には色々工程がありますが、その中で何やっている時が楽しい?と聞かれれば間違いなくミシン掛けでしょうか。

革に針を落として、その軌道が縫い目になるのが車やバイクに乗って走っている感覚と同じ感じがして。

 

現在、m.rippleのアトリエではミシン2台体制で、一台が足踏みの腕ミシン。(↓の画像の)

もう一台がサーボモーターの平ミシン。

 

足踏みとモーターの違いは、例えるんだったらマニュアル車とオートマ車みたいな感じ。

単純に慣れの問題で、どっちが難しいとかはないですがどれぞれちょっとした特徴はあります。

 

 

今回は足踏みで動かしている腕ミシン、SEIKOのTE-5を紹介したりなんかしてみようかなと。

 

しかしこの足踏みの網脚。

鋳物で作られていて、もう生産されていないのでそういう意味ではちょい貴重というか、

いつまでも手に入るモノでもないというか。

なので、個人的にこのSEIKO純正の網脚を一台ストックしてますもん。

 

いやぁ、いつ見ても美脚や♪。

 

見た目はとても気に入っているんですが、サイズ感がちょっとね、実は。

低いんだわ、なぜか。

この脚にダイレクトにミシンを乗せたらめっちゃ低くて、腰痛めるしって事で板を噛ませて高さを出すのですがそれでも低いもんね。

 

世間一般の食事での一人前の量が少ないんじゃないか?って個人的に疑問があるんやけど、まぁそれととおんなじ感じか!!

 

このミシン、ちょっとアンティークっぽい雰囲気ですが、見た目そのままで古いタイプです。

 

わざわざ古いミシンを足踏みで使用する、、、何か理由があるに違いないですよね。

「縫い目が綺麗」もうこの一点につきます。

 

このミシンは釜が半回転なのに対して、今のミシンは全回転で、、、、、とか、ちょっとそういう話になるの省略してと。

 

電気を使わないアナログな足踏みミシンは踏む人間の感覚で縫製のスピードやピッチの大きさ、縫い幅やラインなど強弱を微細なレベルで調節しながら縫えるのが最も嬉しいポイントで、ここらんは電動ミシンの短所の克服な一面でもあるのではないかなと。

 

縫製における仕上がりのイメージを具現化しやすいっていう事です。生産効率は圧倒的に悪くなりますが。

 

ミシンの進化は作業効率を上げて生産性を上げることが根本にあるのでその流れは当然で、なので現役で問題なく活躍できるモノではこの時代のこのミシンが縫い目の美しさでは最高なんじゃないかということでメインのミシンとして使用しています。

 

縫っている感じも好きですしね。

 

こんな感じでローラーの押えで下送りなので、革の種類によっては跡が残ります。

アジと思っていただければと。

 

極力この跡が残らない様に、ローラー押えはバフがけして削っていますし、

下送りの歯も削りつつ、埋めております。

 

足踏みなだけに、手でハンドルを回して縫い始めなきゃならないし、常に漕がなきゃダメだし、比べればモーターの方が楽さ、そらぁ。

 

大物のバッグとか両手で持たなきゃ縫えないものもあるし、先ほどの押え、送りの問題で実は制約も多いんです。

 

なので、この、ミシン1台だけでブランドとして展開していくのは厳しいなと思い、もう一台のミシンは上下送りのモーターで動く平台ですと。

 

そしてミシンを増設するなら、、、、ムフフフ、楽しみはいっぱいありますね〜〜