先日から製作していた帆布のトートバッグの

ベージュ(オンラインストアはこちらより)と

ネイビー(オンラインストアはこちらより)が完成です。

 

 

 

普段の展開では内装も布を使用しないで全て革を用いた商品がメインなのですが、

帆布と革の組み合わせならではのトートバッグに仕上がっています。

 

革パーツはベルトに使用する厚みのある素材を使用しているので、

例えばこの本体に2本通している帯が骨組みの役割をするので荷物をホールドする機能になっています。

 

そしてもう一箇所、底の両脇もこの様にして革で挟んで手縫いしています。

この部分もバッグにとって骨組みの役割で本体を形作っています。

 

持ち手の長さも手持ちから肩掛けまでの調節が可能で、

 

この本体の胴部分の帯にはこうしてストールや上着などを掛けておくこともできる機能が。

 

持ち手のベルトは同じ素材のスープで固定して、

 

長さを調節するのはこのバックルにて。

 

荷物が少ない時なんかはマチの部分を内側に畳み込んでまた違った表情にもなったりして。

 

帆布との組み合わせも展開していけば面白いと思っているので、徐々に色々と。

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする