m.rippleでは、色の展開をしています(というより黒・焦茶・茶が少ない)が、

わりかしどのお色でも男性女性問わずな比率です。

 

ピンク色なんかも意外や。

 

そんな中でも、「ネイビー」も性別問わずな人気だったりするのでちょっとご紹介したり。

 

革製品で定番の色展開といえばやはり黒・茶色・キャメルの3色なんですが、基本この展開はm.rippleでは少ないです。

最近黒の展開はしておりますが。

 

最初からこの定番の色を手にするのではなく、

ネイビー→黒

緑→焦茶

黄→茶色

と、経年変化した先にその色になるようにしています。

 

色を育てるのも面白もんで。

 

の、ネイビーの経年変化をご紹介です。

 

シボの奥に、まだ青みが残るので真っ黒というよりもちょっと深みのあるというか

表情になって良い風合いです。

 

手前の長財布が【Dew-003】新品のネイビー。

 

それを使用して色が濃くなって艶が出ている仕様サンプルが上部の二つ折財布とコインケース。

 

ステッチを同色の紺色にすると、革の色が濃くなってきた時にステッチが際立ってくるというのも面白いので、

基本この組み合わせです。

 

また、この画像のコインケースのように赤ステッチにしても、非常に色の相性もいいですし、

本体に艶が出てきた時に赤色とのコントラストも変わってきて面白いものです。

 

最初マットな表情の新品がこれ。

 

で、色に、艶に変化が出てくるとこんな感じ。

 

 

微妙な色の具合や、経年変化した雰囲気を実際に手にして確認できるようにアトリエショップには店頭にスタンバッティングです。

 

 

東京都台東区東上野4−13−9 ROUTE 89 BLDG 2F

m.ripple

13:00~19:00

 

上野駅 JRなら入谷口、地下鉄なら2番出口。

路地裏にてひっそりと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする