使うほどに美しくアイテムにする為に必要なのは、デザイン、設計、仕立て、革の選択など要素が色々とありますが、その中の革について少し。

 

革の醍醐味は色々ありますが、その中の一つに「経年変化」、アジが出てきたね〜!と言うやつがあります。

例えばこんな感じ。

 

下の画像のタッセルキーホルダーは2年ほど使用したサンプルで結構な色艶が出てますが、元の素材の色が下に敷いている黄色いミネルバ・ボックスと帯として巻いている部分が右上の名刺ケースの素材でもあるマレンマ。

 

どちらも物凄く経年変化してて元の色が分からないほどじゃないかと。

 

しかもこのキーホルダーはバッグにぶら下げてたので、使用環境としては触る機会の少ない状態でこれなので面白いですね。

しかも手入れは全く無しですし。

 

色が濃くなると、多くの人が言うのが「手垢がついて」と言いますが、それはただ汚れてるだけやし〜って思いながらも、

実際に接客してるとそう言うリアクションなので、これは正しい認識を持ってもらわねば!と思う次第です。

 

店頭では、ほとんどの素材・色の経年変化サンプルを用意していますので、実際にどんな育ち方をするのかイメージしながら悩んでいただければとご用意しておりますし、メールなりでお問い合わせいただいて画像ででも見ていただく事が出来ますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

 

また、店頭ではいつでもご使用の製品のメンテナンスをいたしますのでお持ち下さい。

その場でできる修理や、ちょっとしたカスタマイズも応相談にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする